スポンサーサイト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Amazonギフト券
先日届いたAmazonギフト券を使っちゃいました。
使って購入したのは「ラフマニノフ:交響曲全集」
ラフマニノフ:交響曲全集

ドラマ「のだめカンタービレ」も終わり、のだめブームも終わりつつありますが、
影響を受けた人は多々いるのではないでしょうか。広熊もその一人です。

広熊の場合、「のだめ」でラフマニノフを初めて知り、
多くの曲を知りたいと思い「ラフマニノフ:作品集」を購入(過去記事参照)。

過去記事でも書いたが、やっぱ交響曲第1番が気になってしょうがないんで、
ギフト券もあるんで買ってしまいました。

で、問題の交響曲第1番を聞いてみての感想は、「悪くないじゃん」。
まぁ警戒してしまい無防備で聞けなくて、「良い」とは言えず「ふ~ん」てな感じです。
解説書にある「若々しい情熱、若いゆえの生硬さ」を読んで、
「ふ~ん、この辺りかな?」と思いながら聞いてます。

第2番は、ロシア人のラフマニノフらしく、
ロシアの雄大さ、豊かさを感じさせてくれて、美しいです。

第3番に関しては、これまたロシア人らしく、
第1、2楽章は冬の暗さ、重さを感じつつも、
第3楽章になると、冬の平原をそりで駆けるような爽快さ、
そしてふと停まり、周りを見渡して感じる光景、そしてまた走り始めるそり。
そんな感じを抱きます。

クラシック知識の無い広熊の説明では、
技術的な言葉でなく感覚的な言葉になってしまいましたが、
最後に一言、「感動した!」(俺は小泉元首相か)(笑)


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2007/02/09 02:24】 | 買い物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<併せて購入 | ホーム | またもや逮捕>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://diaryhirokuma.blog76.fc2.com/tb.php/50-5a3c791c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。