スポンサーサイト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「やきゅつく」2週目11年度(ペナントレース編)
1週目10年度を終え、2週目11年度に突入した「やきゅつく」。
訳分からんシステムにより自球団25名を選択することとなったが、ここでミスを犯す。

選択しなかったら勿体無い勿体無いで選手を選択していたら、投手を採り過ぎてもうた。

代打→代走→守備固めと言った贅沢な野手起用が出来ず、
一人で三役を任す様な代打起用が目立ち、戦術的な足枷にも。
外国人助っ人、トレードで野手を獲得しようにも、
欲しい能力、年俸に見合う選手が見つからず。
ストーブリーグは野手獲得が必須だな。

本年から、広熊がGMだけでなく監督として復帰。
初年度に負け過ぎて監督業を放棄したが、
去年日本一のメンバーが揃っていて、そう簡単に負けないだろうし、
2週目に入り、急いでプレイする必要もないかなと。
それとITmediaのプレイレビューを読んでみると、
試合観覧で勝率が上がるそうで。

実際、監督ードで試合を進めると、いろいろ驚くことが。

一番の驚きは、ライト簑田浩二のスキル「レーザービーム」。
反応速度A+、捕球A、送球A、肩力Aと、
文句なしの守備から発する「レーザービーム」は、
毎試合、サード、ホームと捕殺しまくり。
お前はゴルゴ13か!」と突っ込むばかり。
多分チーム防御率を1点か2点下げてる筈。
長年のレギュラーながらこんな働きをしているとは知らなかった。
偉くなっても現場を見ないとあきまへんな。

簑田の働きを見て飯田を育てようと決心。そう彼も「レーザービーム」。
飯田が育てば2本の照準でランナーをホームで狙撃することになり、
撃ち漏らすことはないだろう。

ペナントレースの方はと言うと、「レーザービーム」、優勝メンバーのお陰で、
順調に勝ち星を重ね首位に立ち、ペナントレースを抜け出そうとするが、
やはり今年も巨人が追走してくる。

メンバーは去年とは全く違うのだが、毎年のこの追走ぶりに、
バランス崩壊阻止モードが気になると言えば気になる。

ゲーム差が広がると急に打てなくなったり、
ゲーム差が無くなった途端に打ちまくったりと、
もうちょっと自然に調整してや!」と釘師に文句が言いたくなる程、
監督としてのプレッシャーはかなりのもの。
この辺りもハマル要因ですな。

9月までゲーム差が開かない展開の中、
9月3週後半の直接対決で勝利しマジック5が点灯。
そこからは足枷が外れた様な打線爆発で連勝、4週前半、連覇達成!

最終成績: 92勝50敗2分 5ゲーム差優勝。

マジック点灯後から最終戦までの連勝でゲーム差は広がったけど、
あぁしんどい。もうちょっと楽に楽しませてくれんかの~

獲得タイトル:
 盗塁王: 簑田浩二(36盗塁)
 最多勝、最多奪三振、最優秀勝率: 稲尾和久(23勝5敗 2.28 268K)

今年もMVP稲尾の活躍に尽きる。
去年広島のエースとなった稲尾だが、去年以上の働き。
一瞬、本物が持つシーズン最多勝42に届くんでは?と思うぐらい(笑)
まぁ登板試合数が35なので到底無理ですが。

「やきゅつく」2週目11年度(シリーズ編)に続く。


追伸
 公式ホームページを見てみると、
 サブイベントの出現条件が載っておりました。
 今年は「お前と心中」が出てきそうだ。そして本当に「神様仏様」に!?

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/26 23:13】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「やきゅつく」2週目11年度(シリーズ編) | ホーム | 耳掻き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://diaryhirokuma.blog76.fc2.com/tb.php/212-842c2d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。