スポンサーサイト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
トンネルぬけて
ここ数年、テレビ録画はPCのHDDに溜め込んでいるので、
お気に入りは気軽に何回も見てるんですが、
最近ハマって見てるが、アメトーーク「バンドブーム芸人」。

アメトーークにしては大笑いする程の回ではなかったんですが
(最近では「ゴルゴ13芸人」は面白かったなぁ)、
中学、高校頃のバンドブームが妙に懐かしく、
番組の中でも言っていた様に何故か泣きそうな感じにも・・・

名曲が流れる中、一番反応してしまうのが、アンジー「天井裏から愛を込めて」。
当時「大好き♪大好き♪」な曲で、今でもカラオケで歌ってしまいます。
しかし周りが皆アンジーを知らず、ちょっと寂しいかったんですが、
アメトーークでアンジーで盛り上がっているのを見ると、
何だか嬉しくなっちゃいます(^o^)/

そんな番組に刺激されて、
たぶん違法アップなんだろうなと思いながらもYouTubeで見ていると、
本当に涙が出そうなバンドがアップされておりました。
そのバンドとは「BO GUMBOS」。

ボガンボス  BO&GUMBO(Amazon.co.jp

デビューアルバムが最高で最強と、
典型的な尻しぼみだったと思うんですが、
最強と思うだけあって非常に全体バランスが良く、尚且つ1曲も捨ては無し。
そんなアルバムは常に手元あり、
学生時代に車を持てなかった反動か社会人になって車を持ったとたん、
北は北海道、南は鹿児島まで日本列島を走破してた頃は、
常に車内で流れていました。

アルバムの中でも特に「トンネルぬけて」を聞くと、
曲のテンポに合わせて車のスピードを落とし、
一緒に口ずさんでいた場面を思い出し、
言葉で言えば「キュン」とした気持ちに。

ボ・ガンボスの歌は、
カラオケで歌うとキーコントロールが難しく、
妙に単調になってしまうんですが、
ボーカルのどんとが歌うと酔狂の境地に。まさに才能。

ただ残念な事に、ボ・ガンボス解散後、
どんとは2000年に37歳の若さで脳内出血で亡くなりました。
いい人ほど早くなくなる典型的な例だなと思い、悲しみましたが、
記憶とCDの中では永遠に歌い続けてくれてます。

テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

【2008/06/19 21:12】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「やきゅつく」10年度(ペナントレース編) | ホーム | 「やきゅつく」9年度(選手最終成績)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://diaryhirokuma.blog76.fc2.com/tb.php/206-837a2fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。