スポンサーサイト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「やきゅつく」7年度
プレイレビュー時のタイトル「ルネッサン~ス」は、
1回だけにしようと思っていたのに(その4)まで引っ張ってしまった。
CM見なけりゃ意味が分からんのでシンプルに「やきゅつく」に変更。

日本一にもなりプレイに余裕が出てきて、
「やきゅつく」関連のブログを覗いて楽しんでいると、
もう2週目に入っていたり、アレキサンダーカップを制覇していたり。
内容も充実で気合が違いますねぇ。
そんなブログを見てとフト気付いたことが。

広熊も含めてベース球団にカープを選択しているプレイヤーが多いこと。
たまたまかもしれませんが、現状のカープと重ね合わせているかもしれません。
長期低迷の中、「俺がGMならあの黄金期を取り戻せる!」と。

実際プレイしてみると、
FA流出を止められず阪神に流れたり、鬼門の交流戦、球場増築など、
妙にシンクロしてて、この辺りもハマるポイントなんでしょうか。

さて本題の7年度の話に戻ります。

前年、FAで「漢」皆藤勇気の残留、山本浩二の獲得に、涙涙。
ドラフトは不作。トライアウトはパス。
そして相変わらずのインフレ契約更改、
支出合計で初年度4倍の4億5千万円なり。
日本シリーズ連覇で経営がもっているけど、
ここまで上がったらBクラスに落ちたら破産するわ。

助っ人外国人は、
捕手の守備固めとしてトマス(鉄壁の守備)、
左のリリーフとしてカムス(制球重視)と契約。

開幕からの6月までは、
ペナントレースを抜け出した広島とヤクルトとのマッチレースに。
しかし7月の直接対決で三絶てを食わしてからは、ズルズル引き離す展開に。
そして7月第4週には、M39を点灯。

この快進撃を支えたのは、
まずは山本、落合、別府、王の相手投手を粉砕する強打者達。
4~7番は打順を入れ替われど常にこの4人で固定。
それと大竹、皆藤、マー君(なんで田中だけあだ名やねん)の先発3本柱。

マジック点灯後は少々バタついたが、
9月第2週に見事リーグ3連覇!
常勝軍団になったなぁとニンマリしていたら、
なんと最終戦に最多勝が確定していた大竹が全治3週間の負傷!
しまった!シリーズに全く投げられない。
日本シリーズ3連覇に暗雲が・・・

リーグ最終結果、獲得タイトルはこちら。
85勝54敗5分。9ゲーム差優勝。
本塁打王、打点王: 山本浩二(46本、110打点)
最多勝、最優秀勝率、最多奪三振、MVP: 大竹寛(19勝5敗、232奪三振)

大竹負傷で抜けた穴は先発4番手石井裕也で埋めスクランブル体制で、
クライマックスシリーズ1stを勝ち抜けてきたリーグ3位阪神に臨む。

試合は大竹が抜けた影響か五分の展開に。
が、白星を先行できアドバンテージもあり3勝2敗で日本シリーズへ。

日本シリーズの対戦相手はロッテ。今年は楽天じゃないのねぇ。
大竹の穴も余り気味の投手陣が埋め、
4勝2敗で日本シリーズ3連覇!
う~ん、こんなに勝ってよいのやら。

ただ大竹が抜けて分かったけど、
先発3本柱とそれ以外の投手ではやはり差を感じるなぁ。
ドラフト不作が続く中、3本柱を続く、否超える投手を育てないと。
でないと2軍枠まで投手で一杯で、泣く泣く解雇だよ。

奇数年なのでアレキサンダーカップはなし。

8年目へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/08 00:08】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「やきゅつく」8年度(ペナントレース編) | ホーム | ルネッサン~ス!(その4)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://diaryhirokuma.blog76.fc2.com/tb.php/196-cd6e336e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。