スポンサーサイト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「やきゅつく」2週目11年度(シリーズ編)
1週目からの連覇で通算6度目のリーグ優勝で終えた、
「やきゅつく」2週目11年度ペナントレース。

クライマックスシリーズ2ndに進出して来たチームは、
やはりリーグ2位、巨人。
広島はMVPエース稲尾を軸に望む。

1戦目は稲尾で取るが、2戦目、3戦目は落とす。
負けが先行し少々焦るが、やはり稲尾、4戦目を勝つと、
その勢いで5戦目を勝ち、日本シリーズ進出決定!
1勝のアドバンテージは大きいの~

日本シリーズには、パリーグからは日ハムが勝ち上がる。
2007年度データがベースになると楽天じゃなく、
日ハムが勝ち上がってくるんじゃねぇ。

日本シリーズに突入すると、予告通り稲尾に対して「お前と心中」が発生。
言われなくても稲尾と心中です。

1戦目は稲尾に勝ちが付かないながらも勝利するが、
2戦目、抑えの郭源治が抑えきれず逆転負け。
3、4戦目は勝利し3勝1敗で王手をかける。

そして5戦目、リードして郭源治を投入すると、
なんと2戦目と同様に逆転負け。
これはもしかして「お前と心中」の「先発、抑えに・・・」の呪縛か!?

6戦目、これまたリードした9回、抑えに呪縛を解き放す稲尾を投入。
そして完璧に抑え、日本シリーズ連覇達成!

結局、稲尾は3勝できず「神様仏様」は達成できなかったが、
勝手に決めた日本シリーズMVPの働きぶり。
ほんま我が広島は稲尾一人におんぶにだっこですな。

「やきゅつく」2週目11年度(ストーブリーグ編)へ続く。
スポンサーサイト

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/29 00:39】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」2週目11年度(ペナントレース編)
1週目10年度を終え、2週目11年度に突入した「やきゅつく」。
訳分からんシステムにより自球団25名を選択することとなったが、ここでミスを犯す。

選択しなかったら勿体無い勿体無いで選手を選択していたら、投手を採り過ぎてもうた。

代打→代走→守備固めと言った贅沢な野手起用が出来ず、
一人で三役を任す様な代打起用が目立ち、戦術的な足枷にも。
外国人助っ人、トレードで野手を獲得しようにも、
欲しい能力、年俸に見合う選手が見つからず。
ストーブリーグは野手獲得が必須だな。

本年から、広熊がGMだけでなく監督として復帰。
初年度に負け過ぎて監督業を放棄したが、
去年日本一のメンバーが揃っていて、そう簡単に負けないだろうし、
2週目に入り、急いでプレイする必要もないかなと。
それとITmediaのプレイレビューを読んでみると、
試合観覧で勝率が上がるそうで。

実際、監督ードで試合を進めると、いろいろ驚くことが。

一番の驚きは、ライト簑田浩二のスキル「レーザービーム」。
反応速度A+、捕球A、送球A、肩力Aと、
文句なしの守備から発する「レーザービーム」は、
毎試合、サード、ホームと捕殺しまくり。
お前はゴルゴ13か!」と突っ込むばかり。
多分チーム防御率を1点か2点下げてる筈。
長年のレギュラーながらこんな働きをしているとは知らなかった。
偉くなっても現場を見ないとあきまへんな。

簑田の働きを見て飯田を育てようと決心。そう彼も「レーザービーム」。
飯田が育てば2本の照準でランナーをホームで狙撃することになり、
撃ち漏らすことはないだろう。

ペナントレースの方はと言うと、「レーザービーム」、優勝メンバーのお陰で、
順調に勝ち星を重ね首位に立ち、ペナントレースを抜け出そうとするが、
やはり今年も巨人が追走してくる。

メンバーは去年とは全く違うのだが、毎年のこの追走ぶりに、
バランス崩壊阻止モードが気になると言えば気になる。

ゲーム差が広がると急に打てなくなったり、
ゲーム差が無くなった途端に打ちまくったりと、
もうちょっと自然に調整してや!」と釘師に文句が言いたくなる程、
監督としてのプレッシャーはかなりのもの。
この辺りもハマル要因ですな。

9月までゲーム差が開かない展開の中、
9月3週後半の直接対決で勝利しマジック5が点灯。
そこからは足枷が外れた様な打線爆発で連勝、4週前半、連覇達成!

最終成績: 92勝50敗2分 5ゲーム差優勝。

マジック点灯後から最終戦までの連勝でゲーム差は広がったけど、
あぁしんどい。もうちょっと楽に楽しませてくれんかの~

獲得タイトル:
 盗塁王: 簑田浩二(36盗塁)
 最多勝、最多奪三振、最優秀勝率: 稲尾和久(23勝5敗 2.28 268K)

今年もMVP稲尾の活躍に尽きる。
去年広島のエースとなった稲尾だが、去年以上の働き。
一瞬、本物が持つシーズン最多勝42に届くんでは?と思うぐらい(笑)
まぁ登板試合数が35なので到底無理ですが。

「やきゅつく」2週目11年度(シリーズ編)に続く。


追伸
 公式ホームページを見てみると、
 サブイベントの出現条件が載っておりました。
 今年は「お前と心中」が出てきそうだ。そして本当に「神様仏様」に!?

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/26 23:13】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耳掻き
珍しく仕事に集中していると、何故だか比例して耳の中が痒い。
ホンマ邪魔してる感じ。

仕事も終え帰路についても、耳がムズ痒い。
で、思い切って行って来ました「みみくりん」。
前から知ってはいたけど、込んでいるし、
わざわざお金払って耳掻きするのもなぁって思っていたけど、
空いてる所を見たら、体が自然に店内に(^^)

初めてだと言うこともあり、リラックスコース20分2100円(税込)を選ぶ。

イヤースコープで初めて自分の耳の中を見ながら、
耳掻きをしてもらうんだけど、ソフトタッチで気持ちえぇ~
もうちょっと強く、もうちょっと奥の方と思ったが、
それは次回言ってみようか。

10分程で耳掻きが終わり、後は耳ツボマッサージ。
う~ん、気持ちえぇけど、これは要らんなぁ。
耳掻きだけってないの?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/06/25 21:27】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」10年度(選手最終成績)
10年度のペナントリーグ終了時の成績は以下の通り。

.2944295.266216517.30415640.349491160.344501250.29027770.30431730.3014300.2737245.214010.2579290.256180.000006.400010.321030.091011.0000002.8520902.8211602.687304.416303.509604.085303.992504.054103.1510532.3053450.0000010.131006.642305.168503.184206.080100.00000
打者
名前打率タイトル/備考
厚井数馬26DH(恐怖の先頭打者)
簑田浩二296年度新人王(レーザービーム)
尾上大31(挨拶がわりに一発)
山本浩二317、9年度本塁打、打点王
落合博満3310年度本塁打王
中西太26(ド迫力)
王貞治245年度新人王(4番の役割)
有野裕三28(好リード)

野村謙二郎28(足で稼ぐ)
飯田哲也21(レーザービーム)
長嶋茂雄24(スーパースター)
金城龍彦23(終盤好機で燃える)
嶋畑誠26(終盤で盗塁)
苫米池誠勝27(鉄壁の守備)
大矢明彦27(好リード)

柴田勲22 
前田智徳24二代目(天才)
投手
名前防御タイトル/備考
稲尾和久2010年度最多勝、最多奪三振、MVP
永井怜338年度最優秀勝率
豊田清26(ピンチ回避)
鈴木啓示24(ドクターK)
池永正明24(先制点を与えない)
杉下茂23(負けないエース)
西本聖26(ゴロピッチャー)
石井裕也32(球威重視)
SU西村健太朗32FA移籍(球威重視)
郭源治248、10年度最多セーブ

広熊24二代目つくろう選手
唐川侑己22(制球重視)
金子千尋28(抜群の立ち上がり)
等々力和夫29(絶対的守護神)
山内壮馬27(球威重視)
山田久志25(先頭打者封じ)
江夏豊21(絶対的守護神)


「やきゅつく」2週目11年度(ペナントレース編)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/23 20:06】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」10年度(シリーズ編)
「やきゅつく」10年目のペナントレースは、
破産危機を回避しつつ、5度目のリーグ優勝に返り咲く!(過去記事参照)

クライマックスシリーズ2ndに進出してきたチームは、予想外に3位阪神。
巨人との直接対決に分が悪かっただけに、こりゃ楽な展開になるとニンマリ。
しかしこれが2連敗スタート。内心焦ったが、2連敗後は自力の差か3連勝。
2年ぶりの日本シリーズへ進出決定~

日本シリーズのパリーグ進出チームは、4度目の対戦となる楽天。
ゲームとは言え、楽天がそんなに強くなるの???
まぁ「広島も!」と言えばそうなんですが・・・

日本シリーズはペナントレース89勝もした実力か、4勝1敗の快勝。
日本シリーズ5度目の制覇!となる。

本年遇数年につき、アレキサンダーカップ開催。
アジア予選の相手は台湾代表?アーマーズ。
エースに育った稲尾の好投もあり、6対3でアジア代表に。

アレキサンダーカップ決勝、対戦相手は国籍不明ゴッデス。
これまたエース稲尾が打者を抑えきり、4対2でアレキサンダーカップを制す!
8年度に引き続き連覇ですが、今回は対戦チーム名を控えれる余裕あり(笑)
でもまぁ5度機会があるなかで2度制覇は上出来でしょう。

アレキサンダーカップ後の11月以降、
ここから1週目最終年による流の違いが発生。
まず10月にさかのぼるがウインターリーグの派遣なし。
スタッフ交代、FA、ドラフト、契約更改、トライアウトと通常通りあるが、
エンディング、総括「10年のあゆみ」があり。

10年間の功績が評価され「銅メダル」だそうで。
日本シリーズ5度、アレキサンダーカップ2度制覇して銅ですかぁ。。。
評価のポイントが違うみたい・・・

もちろんGMの契約延長が認められたので2週目に突入へ。
ここで2週目への突入ルートが2選択可能に。
大きな違いとして、
「ルートA:引きつぎ・エディット」自球団選手25名、監督、スカウト引き継ぎ。
「ルートB:新規・フルメンバー」12球団から1球団。選手35名。
があり。
ルートBは「ゲーム開始時5名からスタートしたのを35名から遊べますよ!」と、
言ってるんだと思うんだけど、それじゃ今まで育てた選手は何???
必然とルートAを選択となるんだけど、ここでまたまた問題が。

引き継げられる選手が25名までなので、ほぼ1軍メンバーが対象に。
折角ドラフトで獲得した選手や育成中の2軍選手を手放す羽目に。
全然面白な~~~!!!
そのまま選手引き継げんかねぇ。何か変なシステム。
勝ち過ぎると言う理由なら、他に何かあるだろうに。
逆に自球団5名からスタートもありかな?

「やきゅつく」10年度(選手最終成績)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/23 20:00】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インディ・ジョーンズ4
最近「やきゅつく」ばっかりしてて、飲みにも出掛けてなかったら、
「暇よ~会いに来て」「何で会いに来ない!」「他の彼女が出来た!?」と、
段々うるさくなって来たんで、1ヶ月振りに同伴へ。

彼女の映画好きに付き合って映画館に行ったんですが、
あんまり面白そうな映画やってないなぁと思いながらも、
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を観ることに。

映画シリーズ4作目と、「またまたハリウッドも続編かリメイクしか出さんの~」と、
期待せずに観たら、思っていた以上に面白かった。

今までの考古学的な雰囲気はないんだが、
ぶっ飛んだストーリーとお約束の数々は、笑えたなぁ。

映画館側は期待して大ホールで映写してたが、
「またまた4まで出してぇ・・・」と広熊と同じ考えの人が多いのか、
客席はだいぶ空いていたけど、普通に料金分、楽しめた作品でしたわ。

テーマ:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 - ジャンル:映画

【2008/06/22 23:19】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」10年度(ペナントレース編)
1周目の最終年度にあたる「やきゅつく」10年目。
日本一4度の栄光が消し飛びそうな事態、破産危機が発生。
原因はインフレ年俸とTV局の契約金の想定違い。

前年2位ながらも相変わらずのインフレ契約更改。
支払月総額は9億弱にも及び、高額選手の放出は決定的だったが、
トレードが纏まるのは早くても4月。
1月から3月までの3ヶ月分、27億円は支払わなければ。
この間はTV局の契約金で何とか凌げると打算してたら、
契約額が想いの他低かった。。。
前年ペナントレースを2位で終わり、
2位が初だったこともあり契約金を優勝と3位の間と想定していたが、
蓋を開けてみると3位と同額6億円。

やばいホンマに破産だ!

助っ人外国人を雇うなんてとんでもなく、
毎年沖縄で行っていた春季キャンプを地元にし費用を浮かし、
3月の地元オープン戦、開幕戦の収入で凌ぐ。
そして3月末の精算後、残り資金3千万はホンマしびれた・・・
開幕戦が全てビジターだったら思うと冷や汗が。。。
ここで破産してたら今までのプレイ何だったんでしょうか f(^^;;

3月から早速トレードを画策し、
・別府慶、大竹寛 対 巨人:豊田清、柴田勲
・田中将大、粟田滋 対 中日:西本聖、山内壮馬
・杉崎太郎 対 池永正明
の大型トレードを次々と成功さす。
球団の核となった別府、大竹だが、高額年俸、高年齢選手を保持する余力は、
残念ながらもはや球団になし。
田中は能力、年俸の割りには勝ち切れない点があり、放出を決断。

まぁ実際、年俸総額23億 対 3億のトレードなんか有り得ね~
だけど20億浮いたのは事実なんで、赤字体質を一気に脱却。
赤字イコール即、破産でしたから、何とか破産危機を切り抜ける。

しかし、このトレードがペナントレースを白熱させることになろとは、
この時点では思い及ばず。

ペナントレースは、2周目につなぐ事を主にしており、
若手投手に切り替えたこともあり、
期待はしてなかったんですが、見事に秘策が爆発する。
秘策とは杉田元治監督のスキル「若手投手鼓舞」。

稲尾、豊田、池永が見事に勝ち星を重ね、2年目稲尾に至ってはエースの活躍。
ペナントレースを驚異的なペースで抜け出そうとするが、
なんとそのペースに食らい付く球団が。
その球団とは去年の優勝チーム巨人。

その要因を探ってみると去年と同様に主力が好調な上に、
放出した別府、大竹も負けじと絶好調!
おいおい、うちにいる時よりも活躍してるじゃん・・・

ペナントレースを抜け出した広島、巨人が去年と同様、
いやそれ以上の死闘を繰り返すが一向に決着を見ず。
そして決着は最終週9月4週後半、
我が広島が巨人よりペナントフラッグ奪還で決する。

最終成績:89勝52敗3分 1.5ゲーム差優勝

獲得タイトル
 本塁打王: 落合博満(.344 50本 125打点)
 最多勝、最多奪三振、MVP: 稲尾和久(20勝9敗 230K)
 最多セーブ: 郭源治(5勝3敗45S)

ちなみに
 別府慶(.352 45本 111打点)
 大竹寛(4.51 11勝6敗)
両名共に立派な数字だけど、大竹は後半戦から勝ち星が伸びておらず、
もし勝たれていたら巨人2連覇を見る羽目に。
やはり能力落ちの影響が出たか。これまた秘策爆発!?

「やきゅつく」10年度(シリーズ編)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/20 20:34】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トンネルぬけて
ここ数年、テレビ録画はPCのHDDに溜め込んでいるので、
お気に入りは気軽に何回も見てるんですが、
最近ハマって見てるが、アメトーーク「バンドブーム芸人」。

アメトーークにしては大笑いする程の回ではなかったんですが
(最近では「ゴルゴ13芸人」は面白かったなぁ)、
中学、高校頃のバンドブームが妙に懐かしく、
番組の中でも言っていた様に何故か泣きそうな感じにも・・・

名曲が流れる中、一番反応してしまうのが、アンジー「天井裏から愛を込めて」。
当時「大好き♪大好き♪」な曲で、今でもカラオケで歌ってしまいます。
しかし周りが皆アンジーを知らず、ちょっと寂しいかったんですが、
アメトーークでアンジーで盛り上がっているのを見ると、
何だか嬉しくなっちゃいます(^o^)/

そんな番組に刺激されて、
たぶん違法アップなんだろうなと思いながらもYouTubeで見ていると、
本当に涙が出そうなバンドがアップされておりました。
そのバンドとは「BO GUMBOS」。

ボガンボス  BO&GUMBO(Amazon.co.jp

デビューアルバムが最高で最強と、
典型的な尻しぼみだったと思うんですが、
最強と思うだけあって非常に全体バランスが良く、尚且つ1曲も捨ては無し。
そんなアルバムは常に手元あり、
学生時代に車を持てなかった反動か社会人になって車を持ったとたん、
北は北海道、南は鹿児島まで日本列島を走破してた頃は、
常に車内で流れていました。

アルバムの中でも特に「トンネルぬけて」を聞くと、
曲のテンポに合わせて車のスピードを落とし、
一緒に口ずさんでいた場面を思い出し、
言葉で言えば「キュン」とした気持ちに。

ボ・ガンボスの歌は、
カラオケで歌うとキーコントロールが難しく、
妙に単調になってしまうんですが、
ボーカルのどんとが歌うと酔狂の境地に。まさに才能。

ただ残念な事に、ボ・ガンボス解散後、
どんとは2000年に37歳の若さで脳内出血で亡くなりました。
いい人ほど早くなくなる典型的な例だなと思い、悲しみましたが、
記憶とCDの中では永遠に歌い続けてくれてます。

テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

【2008/06/19 21:12】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」9年度(選手最終成績)
9年度のペナントリーグ終了時の成績は以下の通り。

.29412546.293247730.28811440.316461180.30942970.29831720.29437910.2989350.23914410.3071198.271020.30711260.222120.000004.125020.000000.000000.0000003.8913503.73111103.8910903.349503.686103.6512704.134102.423202.877223.9939380.000008.3510012.191105.173507.200100.00000
打者
名前打率タイトル/備考
野村謙二郎27(足で稼ぐ)
簑田浩二286年度新人王(レーザービーム)
長嶋茂雄23(スーパースター)
山本浩二307、9年度本塁打王、打点王
落合博満32(マルチヒット)
別府慶35(終盤の集中力)
王貞治235年度新人王(4番の役割)
有野裕三27(好リード)

中西太25(ド迫力)
厚井数馬25DH(恐怖の先頭打者)
トマス32解雇(鉄壁の守備)
尾上大30左の切り札(挨拶がわりに一発)
粟田滋28(終盤好機で燃える)
嶋畑誠25(終盤で盗塁)
苫米池誠勝26(鉄壁の守備)

大矢明彦26(好リード)
前田智徳23二代目(天才)
飯田哲也20(レーザービーム)
投手
名前防御タイトル/備考
永井怜328年度最優秀勝率
皆藤勇気30解雇(スーパースター)
杉崎太郎24(ドクターK)
田中将大28(ドクターK)
唐川侑己21(制球重視)
大竹寛337、8、9年度最多奪三振
等々力和夫28(絶対的守護神)
石井裕也31(球威重視)
SU西村健太朗31(球威重視)
郭源治238年度最多セーブ

広熊23二代目つくろう選手
鈴木啓示23(ドクターK)
金子千尋27(抜群の立ち上がり)
稲尾和久19(負けないエース)
山田久志24(先頭打者封じ)
江夏豊20(絶対的守護神)


「やきゅつく」10年度(ペナントレース編)に続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/17 23:04】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」9年度(ストーブリーグ編)
リーグ5連覇を逃した「やきゅつく」9年度。
優勝資金を前提にした放漫経営のツケで、このままでは破産確実。
破産回避の為、ストーブリーグでは粛清が・・・

まずは前年スモールベースボールを掲げ就任した保志千歳監督を解雇。
チームの大幅な若返りが予想出来き、杉田元治(若手投手鼓舞)を新監督に。
スタッフは越路作治留任。

今年のFAは資金難からパスかのと思っていたら、本年も広島からFA宣言選手が。
その選手とは、本年本塁打、打点王の二冠に輝いた、
ミスター赤ヘル山本浩二!
もう破産寸前なのに勘弁してくれや~
放出すれば破産を回避できるが、そう簡単に放出できる選手じゃない。
否、絶対にできない。ここは覚悟を決めて移籍阻止じゃ。

もうここまでくると戦力ダウン覚悟での高額年俸選手の放出が確定的。
ドラフトでは即戦力を求める。
まず1順目は単独指名で金城龍彦外野手、
2順目で隠し玉で杉下茂(負けないエース)投手を獲得。
この二人は来年度1軍は間違いないだろう。

入る選手がいれば去る選手あり。
控え捕手も育ち高額年俸がネックになったトマス捕手を解雇。
そして弱小球団を支えた皆藤勇気投手も解雇!
能力落ち且つ3年契約3年目、もはや契約延長の余裕なし。
世代が代わった瞬間でした。。。

契約更改は2位に終われど相変わらずのインフレ更改。
来年トレードされるとは知らず皆言いたい放題。
ついに月払総額が8億オーバー。年10億の赤字体質に。

来年見とけや!!!

「やきゅつく」9年度(選手最終成績)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/17 22:58】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」9年度(ペナントレース、シリーズ編)
「やきゅつく」9年度のトップニュースは、大竹の能力落ちが発覚!
「2年契約したとたんこれかぁー!」てな憤慨しながらも、
まだまだ頑張ってもらわんと。
しかし、皆藤に続き先発の柱が能力落ちとは、
雲行きが怪しくなってきたなぁ・・・

と思ったいたら、思った通りで、見事に開幕ダッシュに失敗。
去年と同様な展開で、先発の永井怜だけが勝ち星を重ねるが、
他の先発は勝ち切れず。。。
6月末時点で4ゲーム差3位。

しかしこの状況をただ単に眺めていた訳ではなく、
先発の補強を目指して
 亀岡一益、渡辺久信 対 杉崎太郎、
 松浦直 対 鈴木啓示
のトレードを実施。

このトレードが功を奏したのか徐々に順位を上げ、7月中には首位に立つ。
しかし2位巨人とのデットヒートから抜け出すほどの力は無く、
9月4週までもつれる展開になり、
直接対決9勝15敗と分の悪さからも、
巨人にペナントフラッグを奪われる結果に・・・

最終成績:82勝59敗3分 1.5ゲーム差2位。

ペナントレース5連覇とはならなかったが、
ここで気を落としても始まらない。
気を取り戻してクライマックスシリーズ1stに望む。

1stの対戦相手は3位横浜。
ただゲーム差が大きく離れた横浜では相手にならず、あっさり連勝。
宿敵巨人とのリベンジマッチに望む。

が、やはり本年の直接対決の分の悪さからか、
1勝3敗であっさり敗退~~~

あぁ、黄金期が去ったもうた。。。

「やきゅつく」9年度(ストーブリーグ編)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/16 22:37】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダイビング始め
今年初のスキューバダイビングへ、土日を掛けて行ってまいりました。
潜りに行ったのは日御碕。ショップはAQUA工房
AQUA工房は4年ぶりでしたが、相変わらずのえぇ店でした。

海の方は2日間とも、残念ながらの透明度(3~10m)と、
ウエットスーツではチト辛い水温19℃でしたが、
1年ぶりのダイビングにしては無難にこなしたかな。

日御碕1  日御碕2

そんな海でしたが宿泊した「民宿たかはし」の夕食は凄かった!
海に近い民宿の食事は美味いじゃろうと言う先入観の中、
それ以上の美味さと量。
美味いんで箸が進み、食べきれない量の食事を食べきった瞬間、強烈な睡魔が。
次の日の朝食まで爆睡(^^)

次回は7月、高知県鵜来島を予定してます!

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

【2008/06/15 20:00】 | ダイビング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」8年度(選手最終成績)
8年度のペナントリーグ終了時の成績は以下の通り。

.3048434.263217412.31833800.28836980.330481200.32936790.28020640.2968370.273191.222000.2715211.264150.3155180.000010.333004.000000.000000.000000.0000002.5114303.1111803.416503.757805.756702.963102.315205.939812.6812151.9664433.860000.000005.348800.0000010.800000.00000
打者
名前打率タイトル/備考
野村謙二郎26(足で稼ぐ)
簑田浩二276年度新人王(レーザービーム)
中西太24(ド迫力)
山本浩二297年度本塁打王、打点王
落合博満31(マルチヒット)
別府慶34(終盤の集中力)
王貞治225年度新人王。(4番の役割)
有野裕三26(好リード)

亀岡一益29(チームリーダー)
高柳武司29解雇
松井数馬24DH(恐怖の先頭打者)
トマス31(鉄壁の守備)
尾上大29左の切り札。(挨拶がわりに一発)
粟田滋27(終盤好機で燃える)
嶋畑誠24(終盤で盗塁)

大矢明彦25(好リード)
苫米池誠勝25(鉄壁の守備)
前田智徳22二代目(天才)
飯田哲也19(レーザービーム)
投手
名前防御タイトル/備考
永井怜318年度最優秀勝率
大竹寛327、8年度最多奪三振
皆藤勇気29(スーパースター)
田中将大27(ドクターK)
金子千尋26(抜群の立ち上がり)
等々力和夫27(絶対的守護神)
カムス31解雇(制球重視)
松浦直27(先制点を与えない)
SU西村健太朗30(球威重視)
郭源治228年度最多セーブ

広熊(仮)29解雇。つくろう選手
唐川侑己20(制球重視)
石井裕也30(球威重視)
渡辺久信23(荒れ球本格派)
山田久志23(先頭打者封じ)
江夏豊19(絶対的守護神)

「やきゅつく」9年度(ペナンとレース編)に続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/12 23:47】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」8年度(ストーブリーグ編)
長文になるので本年度選手成績は後で見てもらうとして、
ストーブリーグでの補強ポイントは、今年もやっぱり先発投手陣。

中継ぎから先発転向が成功した永井怜を除き、勝ち負けがほぼ五分。
例年だと先発3本柱で大きく貯金出来ていた筈なのだが・・・
勝ちきれなかった分を西村健太郎の救援&ロングリリーフで拾い、
絶対的守護神の郭源治で抑えるが今年の展開。
永井、西村、郭がいなければ投手陣は崩壊していただろう。

皆藤は来年能力落ち2年目且つ3年契約3年目。
その高い能力でトレードとはなっていないが、来年で退団は決定的。
大竹は来年33歳。成績は今年と同様と見るべきか。
マー君、何やってるんやら・・・
永井には来年も期待しつつ、
なかなか先発に定着しない松浦直、金子千尋、石井裕也も何とかならんかの~

そんな訳で優勝資金もあり、まずはFAでエース級を獲得だ!と思っていると、
なんとマー君がFA宣言!
これは想定外。本年だらしなくても先発陣の一角、ここで抜けられると計算が立たない。
優勝資金が想定外の契約金、年俸7億に消えてしまいました。トホホ・・・
急激に余裕が無くなったので、FA戦線から撤退。
球界を代表する投手になったヤクルト由規を取ろうとしたのに。残念無念。

FAでは補強にならなかったので、ドラフトは即戦力を狙う。
本年の目玉は稲尾和久。能力的には即一軍。
ここは絶対に取らんとアカンと言う訳で、
隠し玉カード買いまくりでポケモン、否、★5つゲットだぜ。稲尾を隠し玉に成功。
1位指名は長嶋茂雄。サードAの守備は今是非とも欲しいところ。
3チーム競合となったが、運良く当選。
チーム枠数の制限もあり、二人獲得でドラフト終了。

年俸更改はV4のお祭り相場。
しかし、ついに年俸総額は危険水域に達した為、泣く泣く高額選手の解雇を実施。
しかも年度明けのトレードも高額選手の放出が決定的。
雇えるだけ雇う時代は終わったかとつくづく思う。

トライアウトでは、初代つくろう選手を活躍できぬまま引退させた為、
二代目つくろう選手を獲得。
しかしつくろう選手育てるのは難しいの~

本年は以上で終了。球団の変化が現れた年ではなかっただろうか。

「やきゅつく」8年度(選手最終成績)に続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/12 23:42】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」8年度(シリーズ編)
ペナントレースは横浜とのマッチレースを制し4連覇。
クライマックスシリーズ2ndに進出してきたチームは、もちろん横浜。
しかしペナントレース終盤に力尽きた横浜では勝負にならず、
我が広島が3絶て食わせてあっさりと日本シリーズ進出。

パリーグ進出チームは三度目の対決、楽天。
もはやライバル球団は阪神でなく楽天ですな。

日本シリーズはクライマックスシリーズの勢いのまま勝ち進む中、
今期先発に回った永井怜がまさかの能力爆発!!
おいおい31歳になって、それも日本シリーズで能力爆発かいなと苦笑いながらも、
もちろん勝利し、4勝1敗でV4達成!
V9が見えてきたってか。

本年偶数年につきアレキサンダーカップがあり、一昨年の屈辱をバネに予選に望む。
対戦相手は前回と同じ訳でなく、ちゃんと雰囲気を出してます。
今回はキョンシーズ(笑)
なめるな!(笑)

と言いつつ1回勝負なので先発皆藤、他の先発全員中継ぎの超スクランブル体制で臨む。
なめていた訳ではないと思うが、
9回の表6-4とリードした場面、抑えの郭源治がなんと追いつかれる厳しい展開。
しかし最後は四番山本浩二の一振りで劇的なサヨナラ勝ち!
一昨年のリベンジに成功!

そしてアジア代表として望んだアレキサンダーカップ決勝。
予選と同じく超スクランブルで臨むと、今度はあっさり3-1で勝利。
見事にアレキサンダーカップ制覇!!!
予選が事実上の決勝だったのね。と冷静に言いつつ、
対戦チーム名を控えておくのを忘れていた位なので、浮かれていた様だ(笑)

アレキサンダーカップは制覇しても、
まだ交流戦は優勝していない訳分からん状態なので、
まだまだ「やきゅつく」は終わらない。

8年度(ストーブリーグ編)に続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/11 22:41】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京スカイツリーって・・・
TVを見てたら東京タワーに代わる地上デジタル用タワーの名前が、
「東京スカイツリー」だってさ。何か長いの~
「東京ツリー」でいいじゃん。
縮められて「スカツリ」とか言われるんですかねぇ。

まぁ東京に住んでないんで関係ないけどさ(笑)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2008/06/10 18:57】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」8年度(ペナントレース編)
まずは前年の人事関連から。

中継ぎの柳瀬明宏がFA宣言。
他にも資格を持つ選手もいたが、
FA選手を2名までしか獲得できないシステム都合上、
自球団からFA宣言するのは一人の様だ。
能力レベルも高く絶対的守護神のスキルを持つ柳瀬だが、
何故か抑えに失敗するケースが目立ち中継ぎに降格していたので、
ここは敢えて引き留めせず、FA放出。
他のFA選手は、契約金、年俸、年齢ともに球団方針に合わず見送り。

ドラフトは即戦力は見受けられず、育成方針に決定。
高年齢の外野を見越し飯田哲也、
2、3年で1軍先発陣に唐川侑己を獲得。

トライアウトは今年も不作でパス。

契約更改は3連覇もあり高止まり。初年度比5倍以上。

年が明けての助っ人外国人リスト、柳瀬が抜けたに合わせた様に郭源治が登場。
安いやら能力高いやらで即獲得。長年の絶対的抑えの不在に終止符か!?

と、ここまでは順調に戦力を整えてきたが、
皆藤の能力落ちが発覚!
ドラフト入団から、弱小球団を常勝球団に持ち上げた「漢」。
「FA2年目で能力落ちかー!」って思ったけど、
球団としては表面上は動かず。
裏ではトレードを模索したが、能力、年俸、年齢と見合う選手がおらずトレード不調。
それに能力落ちとも依然高い能力の為、本年度も先発の柱に決定。

そんな不安もありながら、ペナントレースは開幕から12連勝、交流戦2位など、
5月末時点で2位に10ゲーム差、ぶっちぎりの首位。

こりゃ今年も安泰だと思っていたら、
6月初旬なんと皆藤がスランプ発生
本年は、先発陣が何故か持ち切れず早々と降板する中で、
防御率2点台の中継陣で試合を壊さず守り続け、
最後は郭源治で抑え、勝ちを拾っている状況。

勝利の方程式を崩さない為にも皆藤の抜けた先発陣の穴を、
2軍投手で埋めようとするが埋めきれず。。。
仕方ないので中継ぎから、
昨年度までは万年トレード候補、今期絶好調の永井怜を先発に回すと、
これがビックリするほど勝ちまくり、皆藤以上の働き!
しかし逆に永井が抜けた中継ぎの穴から勝ちを落とす展開にも。
やっぱ投手が一人足らん!

そんなモタモタした試合を続けていると脅威の追い上げを見せるチームが。
それは横浜。
ペナントレース中にも超大型助っ人を獲得するなど全く負けない模様。
一時は首位を奪われる程に。

そんなマッチレースも8月にスランプから皆藤が復帰すると、
広島も負けない試合展開ができ、9月1週M16点灯。
そして最後は横浜が力尽き、9月4週に優勝。リーグ4連覇達成!
いやぁ今年は優勝は難しいと思ったけど、ホンマ復活した皆藤に助けられた。
混戦になった原因も皆藤だけどね。

それにしても横浜大躍進の原動力はM・アブレラ。

首位打者.384、本塁打王50本、打点王142、MVP!

おいおい優勝したのはこっちだぜ、MVPとは・・・
まぁこの成績なら仕方がないか・・・

最終結果、獲得タイトルは以下の通り。

87勝55敗2分。5ゲーム差優勝。

大竹寛 最多奪三振(201)
郭源治 最多セーブ(43)
永井怜 最優秀勝率(14勝3敗 .824)

「やきゅつく」8年度(シリーズ編)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/10 01:30】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「やきゅつく」7年度
プレイレビュー時のタイトル「ルネッサン~ス」は、
1回だけにしようと思っていたのに(その4)まで引っ張ってしまった。
CM見なけりゃ意味が分からんのでシンプルに「やきゅつく」に変更。

日本一にもなりプレイに余裕が出てきて、
「やきゅつく」関連のブログを覗いて楽しんでいると、
もう2週目に入っていたり、アレキサンダーカップを制覇していたり。
内容も充実で気合が違いますねぇ。
そんなブログを見てとフト気付いたことが。

広熊も含めてベース球団にカープを選択しているプレイヤーが多いこと。
たまたまかもしれませんが、現状のカープと重ね合わせているかもしれません。
長期低迷の中、「俺がGMならあの黄金期を取り戻せる!」と。

実際プレイしてみると、
FA流出を止められず阪神に流れたり、鬼門の交流戦、球場増築など、
妙にシンクロしてて、この辺りもハマるポイントなんでしょうか。

さて本題の7年度の話に戻ります。

前年、FAで「漢」皆藤勇気の残留、山本浩二の獲得に、涙涙。
ドラフトは不作。トライアウトはパス。
そして相変わらずのインフレ契約更改、
支出合計で初年度4倍の4億5千万円なり。
日本シリーズ連覇で経営がもっているけど、
ここまで上がったらBクラスに落ちたら破産するわ。

助っ人外国人は、
捕手の守備固めとしてトマス(鉄壁の守備)、
左のリリーフとしてカムス(制球重視)と契約。

開幕からの6月までは、
ペナントレースを抜け出した広島とヤクルトとのマッチレースに。
しかし7月の直接対決で三絶てを食わしてからは、ズルズル引き離す展開に。
そして7月第4週には、M39を点灯。

この快進撃を支えたのは、
まずは山本、落合、別府、王の相手投手を粉砕する強打者達。
4~7番は打順を入れ替われど常にこの4人で固定。
それと大竹、皆藤、マー君(なんで田中だけあだ名やねん)の先発3本柱。

マジック点灯後は少々バタついたが、
9月第2週に見事リーグ3連覇!
常勝軍団になったなぁとニンマリしていたら、
なんと最終戦に最多勝が確定していた大竹が全治3週間の負傷!
しまった!シリーズに全く投げられない。
日本シリーズ3連覇に暗雲が・・・

リーグ最終結果、獲得タイトルはこちら。
85勝54敗5分。9ゲーム差優勝。
本塁打王、打点王: 山本浩二(46本、110打点)
最多勝、最優秀勝率、最多奪三振、MVP: 大竹寛(19勝5敗、232奪三振)

大竹負傷で抜けた穴は先発4番手石井裕也で埋めスクランブル体制で、
クライマックスシリーズ1stを勝ち抜けてきたリーグ3位阪神に臨む。

試合は大竹が抜けた影響か五分の展開に。
が、白星を先行できアドバンテージもあり3勝2敗で日本シリーズへ。

日本シリーズの対戦相手はロッテ。今年は楽天じゃないのねぇ。
大竹の穴も余り気味の投手陣が埋め、
4勝2敗で日本シリーズ3連覇!
う~ん、こんなに勝ってよいのやら。

ただ大竹が抜けて分かったけど、
先発3本柱とそれ以外の投手ではやはり差を感じるなぁ。
ドラフト不作が続く中、3本柱を続く、否超える投手を育てないと。
でないと2軍枠まで投手で一杯で、泣く泣く解雇だよ。

奇数年なのでアレキサンダーカップはなし。

8年目へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/08 00:08】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ルネッサン~ス!(その4)
ただ今、中毒的にハマッている「プロ野球チームをつくろう!」のプレイレビュー。

参照:ルネッサン~ス!(その1)
参照:ルネッサン~ス!(その2)
参照:ルネッサン~ス!(その3)

無事にレンタルコミックも返し、安心して「やきゅつく」モードに。
ここまで6年プレイしGMとしての方針は、

1.全ての基準において若いこと。
2.30以上のFA選手は泣く泣く引き止めない。
3.能力が落ちだした選手は、引退ではなく他球団での活躍の場を与える。
4.計算出来る投手陣の構築。
5.1~3番打者はスーパーカートリオ(古!)、気持ちはスモールベースボール。

一部偽弁が混じってます(笑)

戦略的には、年俸が高騰していない若手を年齢的に能力が落ち始めるまで使う。

戦術的には、1~3番で出塁し、併殺なしで塁を貯め、4番5番で還す。
その得点を先発投手が守りきる。
正しくカープ野球。美しい。

でも実際はホームランが出れば勝利、出なかったら負けの試合をしてるなぁ。
美しくない~

【反省、留意】
1.不要な設備投資を行わず球場増築を優先すべき。
2.トレードは選手対選手。
3.役割にあったスキルを身につける。
4.先発、SU、抑えには球種Aが必須。
5.選手は急激に成長しない。
6.選手毎に能力の上限が存在する。有名選手は上限が高い。
  巻物で確認することが出来る。
7.外国人選手は早熟タイプが多い。
  要求年俸を超えてでも容易な複数年契約は避ける。
8.収支のバランス。借り過ぎない by アコム(笑)。
  収支を月別に纏めたバランスシートを作成し破産を防いでおります。

そしてゲームとしての「やきゅつく」は、

【良】
1.「オーダー設定」で打順を組み直し、即「結果を見る」。
  単純ながらもトライ&エラーの心地良い循環で、試合がサクサク進む。
  1日あれば1年進めます。
2.収支が厳しく、安易な設備投資、選手獲得が出来ず、ゲーム難度を上げてる。
3.COMがゲームバランスの崩壊を防ごうと絶妙に調整している。
4.データ能力以上の働きをする選手を見つけ出しレギュラーで使い続けて育てる。
  これぞ育成の醍醐味。

【改善・要望機能】
1.オーダー設定並びに試合中、相手チームのデータを参照できない。
  トレード画面で相手チームデータを見れるが、それもトレード期間終了まで。
  知りたかったら一々書き出せってか!?
2.トレードの際、相手チームも現金で支払可能に。現金が欲しい~
3.アレキサンダーカップって何?
  それに甲子園を目指す高校野球じゃないんだから、負けたら敗退って・・・

ここまで書いてゲームを終えるような雰囲気をだしてますが、
2周目にも入ってないし、
インフレ年俸(初年度比較4倍)をどう乗り切るかも解決してないので、
まだまだプレイしまっせ~

2年続けて日本一となりCOMもドラフトで有力選手を絞りだしたので、
そろそろ育成の方に重点を置かないとアカンみたい。

7年目に続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/06 00:47】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レンタルコミック
最近のレンタルショップはコミックが充実。

ビデオやDVDを借りる習慣がなかった広熊も、
最近はコミックを10冊500円、1週間のレンタル。

それにしてもレンタルコミックって便利だよね。
1冊50円と古本より安く、10冊読んで新刊1冊分。
読み終わった後の置き場にも困らないし。
ほんまに愛蔵したければ後から買えばいい訳だし。

10冊単位でレンタルするので、
買うまではいかないが読みたかったシリーズものをよく読みます。
ドラゴンボール、F、月下の棋士、医龍、のだめカンタービレ、イニシャルD等々等。
今は、非現実スポーツ系は好きじゃないけど「MAJOR」に着手。
NHKでアニメでやってて、
ギブソンが吾郎をオールスターに招待する辺りまでのストーリーは秀逸です。

但しレンタルコミックの欠点も。
「20世紀少年」の様な複線を張られたストーリーには、
過去巻が手元にないんで確かめられず、もどかしいの~

それと「野球つく」やってて読む暇なく、今日返却なのに6冊未読。
早く読んで返しに行かないと!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/06/05 18:45】 | 日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ルネッサン~ス!(その3)
ただ今、中毒的にハマッている「プロ野球チームをつくろう!」のプレイレビュー。

参照:ルネッサン~ス!(その1)
参照:ルネッサン~ス!(その2)

1年目と同様に2年目以降も月毎のイベントは変わらないので、
ここからは球団年史形式で報告。

【2年目】
軍資金はとうに底をつき新助っ人は雇えず。
但し、弱点だった投手陣はドラフト、FAで補強し、
優勝は無理でもAクラス、クライマックスシリーズ出場を目指す。

が、そんなそこらの補強では「無理、無理、無理」。
前年度と変わらず5位。

【3年目】
2年続けての重点的な補強が形になってきた先発投手陣。
初のAクラス3位。クライマックスシリーズ1st惨敗。

【4年目】
打撃陣も揃いだし熾烈なAクラス争いに。
ところが9月に入ると、中継ぎ陣の崩壊を契機に先発、最後は打撃陣と大崩壊し、
アッと言う間の最下位転落。

【5年目】
大崩壊を教訓にポジション競合の選手獲得など選手層を拡大。
先にマジックを点灯されながらも、打ち勝った重量打線。
1ゲーム差でセリーグ初優勝!

クライマックスシリーズ2ndもリーグ2位ヤクルトを3勝1敗で破り、
日本シリーズへ初出場。

日本シリーズの相手は、楽天。野村監督やるなぁ。
ここでも好調重量打線が活躍、
1勝1敗からの3連勝で悲願の日本シリーズ初制覇!
寝ずにプレイし続けた甲斐があったわぁ。感無量!

これでアレキサンダーカップか!?と思ったけど、
奇数年は開催がないらしい。残念。

【6年目】
日本一で獲得した、する資金にビックリ。
シリーズ収入、TV契約等々を含めると20億円以上。
FAにも積極参戦でき、先発陣だけでなく抑えの補強にも成功。
但しFAで梵が阪神に行っちゃったけどね。何だかこのパターンは・・・

でもまぁ開幕から首位をキープ。

5月には軍資金が20億に回復し、
不可能だと思われた球場増築を実施。
増席しても観客が増えなかったらどうするの?といった大人の邪推は、
ゲームの世界では無用(笑)
1年でちゃんと回収できます。

しかし球場増築した際に出現したアレって、どう考えてもアレだよね。
アレしかないよね!(クローバーフィールド風)(笑)

そして9月、ライバル球団2位阪神との6連戦(なんだか出来過ぎ)を勝ち越し、
5.5ゲーム差をつけ2年連続リーグ制覇!
クライマックスシリーズ2ndも阪神を寄せ付けず。

日本シリーズの相手はなんと去年と同じく楽天。野村監督すげぇ。
シリーズは2連敗からスタート。
ここでシリーズローテーションを先発3本柱で回す決意をし、
逆王手からの勝利で日本シリーズ連覇!

選手層が充実したなぁとつくづく感嘆。

そして去年はなかったアレキサンダーカップへ。
予選の相手は台湾?シーガルズ。
しかし1安打完封負け。

前言撤回、まだまだ強くせんとアカン。
その気持ちで望んだFAで、なんとMVP皆藤勇気がFA宣言。
27歳のエース、残留死守です。
その中で発生したイベントがこちら。

いかないで!  漢

なんだか黒田の時を思い出します(涙)
ただし年俸は3倍に上がってしまいましたが・・・(笑)

FAでは皆藤勇気の残留だけでなく、
ミスター赤ヘル山本浩二を獲得!もう言うこと無し!

と言いつつまだまだ書き切れないので(その4)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/05 01:04】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ルネッサン~ス!(その2)
ただ今、中毒的にハマッている「プロ野球チームをつくろう!」のプレイレビュー。

参照:ルネッサン~ス!(その1)

【1年目:6~9月】
トレードで獲得した左腕も崩壊した投手陣の中では仇花。
梃入れ出来なかった打撃陣は得点力不足が目に付く結果に。

そしてトレード期間を過ぎるともう来年の補強のことしか考えられない(笑)

そんな中、1軍にいる選手に素質開眼や先輩からのスキル伝授が発生。
鍛えたければ使えなくても1軍に置いとかないとアカンのねぇ。
[2008/06/05 追加] 2軍でも発生しました。

でもまぁ結局は「何も言えなくて・・・夏 by J-WALK」。5位。

【10月】
ウインターリーグの南アフリカ1名派遣、1億円なり~

日本シリーズに出られなければ秋季キャンプとなるんだけど、
これまた1ヶ月そこらでは伸びませんねぇ。

【11、12月】
ショップで買いまくった状態の軍資金9億円でストーブリーグに突入すると、
秘書から
「そんなチンケな軍資金でストーブリーグを乗り切れるか!
 素人が!」
的な事を言われ(被害妄想)、3億円緊急援助。

貴女ってオーナーの××?(笑)

まぁ現戦力はFA、ドラフトは必須であり、
行わなかったら来年の開幕から再来年の事を考えないとアカン状態に。

破産すれすれの軍資金でFA、ドラフトでAクラス投手2名を獲得。
更にトライアウトからは自分の名前を付けた「つくろう選手」(投手)を作成し獲得。

そしてとんでもなかった1年を終える契約更改へ。
ところが、ここでもとんでもないことが!
あんな成績で皆年俸を吹っ掛けて来るわ来るわで、怒り心頭!
「なんで防御率7点台で倍増やねん!」
「お前が2年契約なんて言うな!ふざけるな!」
で怒りのまま金額を入力し次週に進むと、
逆に全選手から「ふざけるな!」

薄い選手層、辞められても困るのであっさり満額回答。
経営って難しいなぁ・・・
来年こそは。。。

これまた書き切れないので(その3)へ続く。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/03 19:46】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ルネッサン~ス!(その1)
ハマリ癖のある広熊がまたハマッてしまいました。

それは「プロ野球チームをつくろう!」(NINTENDO DS)

野球つく  (Amazon.co.jp)

競馬、麻雀、野球と中年親父が好きそうなもんがホンマ好きで、
先週から広熊の四大活力、
ドライブ、食事、飲み、睡眠を削って遊んでおります(笑)

監督の立場でのプロ野球シミュレーションはあるけど、
GMとして球団運営に主をおいてるのは「野球つく」ぐらい?
そんな期待も含めて、初めて予約までして購入。

ゲームはまず、氏名入力、本拠地、球団を決定。
もちろん球団は我の広島東洋カープ。
まず球団から任意の5名を選択することに。

センターラインを中心に、
P 大竹
C 石原
2B 東出はライナーゲッツーばかり打つんで私情で×
SS 梵
CF 赤松
そして前田智徳は外せないでしょう。

で、ここで勘違いしてたことが。
5名をプロテクトした後は、
各球団からシャッフルされた選手が来るのかなと思っていたけど、
5名以外の選手はほぼ無名の選手。
良い言葉を使えば原石。悪い言葉では役立たず・・・

こりゃしまった。先発ピッチャーが足らん!
5名の中にもう1、2名ピッチャー入れとくべきだった。
バッターの方は、
「機動力野球じゃー!これがカープ野球じゃー!」と言い張れるけど(笑)

まぁここでリセットするのも大人気ないので、このまま続行。

【1月】
球団資金は10億円。直ぐにTV契約5億円が入り、計15億円。
次に2月キャンプインまでに間に合う外国人選手の獲得へ。
現状弾不足は分かっているので、
一軍入り限度の4人を契約しようとするが、
幾らまで支出できるか検討がつかず。。。
結局、中小レベルの外国人選手4名と契約。

【2月】キャンプイン。
沖縄好きなので敢えてキャンプ地を沖縄に。
このゲーム、キャンプ地増やすのも金が要るし、行くのももちろん金が要る。
どこまで金、金やねん。

キャンプでは個別特訓を3名まで実施できるので、
早急なピッチング陣の構築を目指して若手投手を指名。

【3月】オープン戦、ペナントレース開幕。
まずはキャンプでの成長を確認。
う~ん、成長マークは付いてるけどレベル的に上がってる選手が見当たらない。
不安のままオープン戦へ突入。

試合は、一球毎に作戦を出すのではなく、
一打席毎に作戦を出すカードゲーム特有の流れ。
通常の一球毎の操作に慣れていると違和感があるかもしれないけど、
サクサク感を出すならこちらですね。

で、結果の方は連敗街道まっしぐら・・・
出るピッチャー、出るピッチャーがつるべ打ちされて、
もう弱すぎて、フラストレーション堪りまくり。
コリンズ監督のように監督や~めた。

ところが「結果を見る」だけになったら、そこそこ勝つように。
どんなに監督がヘタやねん(笑)
まぁ1試合、1試合していたらなんぼ時間があっても先に進まないので、
以降、「オーダー設定」だけ設定し「結果を見る」だけに。

【4~6月】
監督は上手くなっても、選手層は同じまま。
連敗はするが連勝はしない状況を打破すべき、
トレードで左腕を獲得。ここで反省すべき点が。
それはトレードの対価として億単位の現金で払ったこと。

自選手の年俸が低いので合わないと思っていたが、
原石な選手なので評価自体は高く好条件でトレードが可能なことが後々判明。
もったいねぇ~

まだまだ書き切れないので(その2)へ続きます。

テーマ:やきゅつくDSプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2008/06/03 00:09】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メンテナンス記録: ビビリ音解消
前回IGNISにてタイヤを交換した際、
エンジン周りからのビビリ音を指摘され、
チェックして貰うことに。

タイミングベルトかと心配したけど、
どうも遮熱板に振動でクラックが入り、
そこからビビリ音が発生している模様。

で、遮熱板の交換となりました。

外した遮熱板を見てみると見事にクラックが。
7万6千キロも走るとこんな事も起きてくるのねぇ。

新旧遮熱板  遮熱板クラック

交換したら無事にビビリ音解消!とはならず(えぇ~)
さらにチェックしてもらうと、
遮熱板の裏側にあるエキゾーストのブラケットが完全に破断しておりました。

どうもこちらがビビリ音の主因のようで、
ブラケットの破断により遮熱板に影響を与えていたようです。

ブランケット  溶接

溶接してもらったブラケットを取り付けなおすと、
今度こそ無事にビビリ音解消!

ビビリ音が解消されただけでなく、
出足がスムーズになったのは気のせい?

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

【2008/06/01 15:05】 | Alfa 147 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。